1. TOPページ
  2. 情報提供&知的財産教育
  3. 外国特許実務・特許周辺・図面セミナー
  4. 知財セミナー(米国編)

知財セミナー(米国編)

米国におけるトロール対策の実態と解説
-------------
新特許法での特許の質の向上の実態と解説

参加お申込み受け付けは終了いたしました。
キャンセル待ちを希望される方は、e-mailでご連絡ください。

内容

※都合により、当日の講演内容、講演順に若干の変更があり得ることをご了承ください。

  • 講師 服部健一

    パテントトロール対策を行う協会、団体は現在主要なもので7つあり、各々の異なる特許対策を行っており(トロール特許無効化、ライセンス共有、トロール化特許のフリーライセンス等)、世界の主要企業や新興企業はそれぞれ必要な協会等のメンバーとなっており、その運用や実態を解説する。

  • 講師 Darrin A. Auito講師

    AIAの新特許法ではいくつかの新しい特許無効手続き(新第三者情報提供、補足審査、当事者系レビュー等)が導入されており、米国特許の質は確実に向上しているといえる。これらの手続きの概要、実態、統計等を紹介し、解説する。?

    ※Auito氏の講義は英語です。

対象

企業知的財産部や特許事務所において、知的財産関連業務に従事されている方で一定の経験をお持ちの方(中級レベル)

講師

Westerman, Hattori, Daniels & Adrian, LLP  WHDA

米国特許弁護士 服部 健一 氏 (株)知財コーポレーション顧問
東京都市大学(旧武蔵工業大学)機械工学科(1966) 卒業
特許庁、大臣官房企画室、審判官など歴任。その間、ジョージ・ワシントン大学政府留学
ジョージ・メイソン大学ロースクール卒 JD(法務博士)(1989)
弁護士登録 (バージニア州1990,ワシントンD.C.1992)、弁理士登録 (米国1988,日本1983~1990,2002)
東京医科歯科大学客員教授
専門分野:訴訟、ライセンス、鑑定(日英語)、出願、専門家証人

米国特許弁護士 Darrin A. Auito  氏
GMI大学機械工学(1998)、ミシガン大学修士(2000)、ケース・ウエスタン・リザーブ大学MBA(2004)、ケース・ウエスタン・リザーブ大学ロースクール卒 JD(2004)
弁護士登録 (ミシガン州2004)、弁理士登録 (2004)
専門分野:出願 (機械・電気)

日程 2014年10月7日(火)
参加費

無料

人数 40名
※ご出席は1社2名様までとさせていただきます。
原則先着順
会場
MAP
新宿住友ホール・スカイルーム3
(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル47F)
参加申込

本講座の申込み受付は終了しました。次回の案内を希望される方は、下記の資料請求をクリックし、送信フォームをご利用ください。

その他の方法による案内ご請求は、下記事項をe-mail
またはFAX(03-5909-1183)にてお送りください。
開催が決まり次第、ご案内致します。

1:お名前
2:お勤め先(請求書宛名)
3:ご住所
4:TEL(FAXをお持ちの方は併せてお知らせ下さい)
5:e-mail(講座に関する連絡をする場合があります。お持ちの方はお知らせ下さい)
6:本セミナー内容に関連するご経験や講師への質問など
7:セミナー名
8:次回案内希望 と明記下さい

ISO 9001:2008 認証取得